Leoš Janáček

About Leoš Janáček

This author has not yet filled in any details.
So far Leoš Janáček has created 31 blog entries.

2020年11月29日  
音楽祭の残響 運命

2020年11月29日 17:00  ヤナーチェク劇場 音楽祭オープニング レオシュ・ヤナーチェク:運命(初演) 指揮―マルコ・イヴァノヴィチ、監督―ロバート・カーセン ブルノ国民劇場ヤナーチェク・オペラ 再演2020年9月29日、10月14日、19:00   音楽祭の残響 2020年11月28日、11月29日 17:00 チケットを買う Act 1 – The colonnade walk in Luhačovice At the centre of attention of the many guests at the spa town is the poet Dr. Suda, who is there with his friends, Konečný and Lhotský,

2020年11月29日  
音楽祭の残響 運命
2020-03-02T09:00:10+00:00

2020年11月28日  
音楽祭の残響 運命

2020年11月28日 17:00 ヤナーチェク劇場 音楽祭オープニング レオシュ・ヤナーチェク:運命(初演) 指揮―マルコ・イヴァノヴィチ、監督―ロバート・カーセン ブルノ国民劇場ヤナーチェク・オペラ 再演2020年9月29日、10月14日、19:00   音楽祭の残響 2020年11月28日、11月29日 17:00 Buy tickets Act 1 – The colonnade walk in Luhačovice At the centre of attention of the many guests at the spa town is the poet Dr. Suda, who is there with his friends, Konečný and

2020年11月28日  
音楽祭の残響 運命
2020-03-02T09:02:20+00:00

2020年10月16日  
音楽祭閉幕:バンベルク交響楽団コンサート

2020年10月16日 19:00 ヤナーチェク劇場バンベルク交響楽団指揮―ヤクプ・フルーシャ チケットを買う レオシュ・ヤナーチェク(1854-1928):オペラ「利口な女狐の物語」の大組曲(ヤクプ・フルーシャ編曲)リヒャルト・シュトラウス(1864-1949):アルプス交響曲 作品64首席指揮者ヤクプ・フルーシャ率いるバンベルク交響楽団のコンサートでは、世代が近い2人の作曲家の作品の、作品へ自然を投影する手法の大きな違いを紹介します。 レオシュ・ヤナーチェクが並外れた作曲家でありながら、交響楽団のための楽曲をわずかしか作曲しなかったために、ヤナーチェクの死後短期間に多くの指揮者たちが、交響楽団の演奏向けに、彼のオペラのスコアをオペラ組曲として編曲しました。 そんな組曲をまず初めにオペラ『利口な女狐の物語』から生み出したのは、才能ある指揮者、ヴーツラフ・タリフでした。その際はもちろん第1幕部分を利用したにとどまりました。2017年に同じオペラから組曲を作るために、単にオーケストラの演奏部分だけを使うことを決めたのが、指揮者ヤクプ・フルーシャでした。彼は、『利口な女狐』において、歌が入らない部分が3分の1以上に上ることを良く分かっていたからです。そうやって、オペラの幕を時系列で追いながら、オーケストラのために作曲された部分を演奏させる組曲が出来上がったのです。 『アルプス交響曲』は、戦時中の1914-1915に作曲された、リヒャルト・シュトラウスの交響詩の中でも演奏される機会が少ない曲です。作曲家は『家庭交響曲』を作曲した後、オペラの作曲にのみ従事することを考えていましたが、幸いその抱負は破られるに至りました。ガーミッシュにあった田舎の家の窓から、アルプスのツークシュピッツェの山頂や壮大な山脈ヴェッテルシュテインの美しい景色が望め、この自然の風景を楽譜に残そうと決めたのです。シュトラウスの交響詩はもっぱら目に見える事実を描写する、印象的な音楽によるアルプスのパノラマを生み出す方法をとり、自然との精神的関係性を表すものではありません。この音楽の絵画は特別な作品です;楽譜の中には、カウベル、あるいは雷を表す楽器を使用していることがよみとれます。この交響曲が初めてベルリンで演奏された時には、牧歌と評されました(同様に、ヤナーチェクは自ら作曲した『利口な女狐の物語』を「森の牧歌」と名付けています)。それまでのシュトラウス作品にみられなかった、素朴といえるほど一定の簡素さについて、作曲家自身が次のように述べています「私は一度、乳を出す牝牛のように作曲してみたかったんだ。」

2020年10月16日  
音楽祭閉幕:バンベルク交響楽団コンサート
2020-02-15T14:11:46+00:00

2020年10月16日  
S.A.M.P.O. -ブルノ・ヤナーチェク音楽アカデミー室内オペラ

2020年10月16日 17:00 オルリー劇場 ダニエル・シメク/ オットー・カウピネン―S.A.M.P.O.(世界初演) ブルノ・ヤナーチェク音楽アカデミー室内オペラ 再演2020年10月15日 19:00 チケットを買う フィンランドの伝説には、豊かさと世界の連続性を約束する、サンポと言われる造形品のことが語られています。『カレワラ』は、医師で言語学者のエリアス・リョンロート(1802-1884)が田舎で収集した、元々は完全に口承文芸であったフィンランド・カレリアの一連の伝説です。『S.A.M.P.O.』は『カレワラ』をインスピレーションの源とし、そのモチーフや登場人物を近未来の物語に置き換えて表現しました。このオペラは音楽祭ヤナーチェク・ブルノがヤナーチェク音楽院にオペラを発注したことで生まれたもので、ヤナーチェク音楽院の2つの学部が初めて共同した作品であり、同時に世界初演のオペラでもあります。

2020年10月16日  
S.A.M.P.O. -ブルノ・ヤナーチェク音楽アカデミー室内オペラ
2020-03-02T09:05:37+00:00

2020年10月15日  
S.A.M.P.O. -ブルノ・ヤナーチェク音楽アカデミー室内オペラ-初演

2020年10月15日 19:00 オルリー劇場 ダニエル・シメク/ オットー・カウピネン―S.A.M.P.O.(世界初演) ブルノ・ヤナーチェク音楽アカデミー室内オペラ 再演2020年10月16日 17¨:00 チケットを買う フィンランドの伝説には、豊かさと世界の連続性を約束する、サンポと言われる造形品のことが語られています。『カレワラ』は、医師で言語学者のエリアス・リョンロート(1802-1884)が田舎で収集した、元々は完全に口承文芸であったフィンランド・カレリアの一連の伝説です。『S.A.M.P.O.』は『カレワラ』をインスピレーションの源とし、そのモチーフや登場人物を近未来の物語に置き換えて表現しました。このオペラは音楽祭ヤナーチェク・ブルノがヤナーチェク音楽院にオペラを発注したことで生まれたもので、ヤナーチェク音楽院の2つの学部が初めて共同した作品であり、同時に世界初演のオペラでもあります。

2020年10月15日  
S.A.M.P.O. -ブルノ・ヤナーチェク音楽アカデミー室内オペラ-初演
2020-03-02T09:10:42+00:00

2020年10月14日  
運命

2020年10月14日 19:00 ヤナーチェク劇場 音楽祭オープニング レオシュ・ヤナーチェク:運命 指揮―マルコ・イヴァノヴィチ、監督―ロバート・カーセン ブルノ国民劇場ヤナーチェク・オペラ 再演2020年9月28日、9月29日、19:00 音楽祭の残響 2020年11月28日、11月29日 19:00 チケットを買う Act 1 – The colonnade walk in Luhačovice At the centre of attention of the many guests at the spa town is the poet Dr. Suda, who is there with his friends, Konečný and Lhotský, and

2020年10月14日  
運命
2020-03-02T09:19:32+00:00

2020年10月13日  
ヤン・バルトシュ ピアノリサイタル

2020年10月13日 19:00 レドゥタ劇場、モーツアルトホールピアノ:ヤン・バルトシュ チケットを買う レオシュ・ヤナーチェク(1854-1928):1905年10月1日(1905年10月1日 街頭にて) JW VIII/19草陰の小径 第1集、第2集  JW VIII/17主題と変奏 JW VIII/6霧の中 JW VIII/22Leoš Janáček (1854–1928): 1. X. 1905 (From the Street, 1st October 1905), JW VIII/19 On an Overgrown Path, series 1, 2, JW VIII/17 Thema con variazioni, JW VIII/6 In the Mists, JW VIII/22 A piano recital by one

2020年10月13日  
ヤン・バルトシュ ピアノリサイタル
2020-02-15T14:13:48+00:00

2020年10月12日  
オペラ「運命」の幕へのステップ

2020年10月12日 19:00ヤナーチェク劇場オペラ「運命」の幕へのステップ チケットを買う Take a closer look at the opera! Take a step behind the curtain with us. A programme designed for all curious people, big and small, who would like to get to know something new about the world of an opera house. A 70-minute interactive, adventurous

2020年10月12日  
オペラ「運命」の幕へのステップ
2020-02-13T17:32:05+00:00

2020年10月11日  
トマーシュ・クラールとマタン・ポラト リサイタル

2020年10月11日 15:00 トゥーゲントハット邸トマーシュ・クラール―バリトンマタン・ポラト―ピアノ チケットを買う クロード・ドビュッシー(1862‐1918):フランスの3つの歌 L115、歌とピアノのための作品クロード・ドビュッシー:バラード L70 、ピアノのための作品グスタフ・マーラー(1860-1911):亡き子を偲ぶ歌、歌とピアノのための作品レオシュ・ヤナーチェク(1854‐1928):モラビアの民俗歌曲 JW V/2、歌とピアノのための作品レオシュ・ヤナーチェク:1905年10月1日(1905年10月1日、街頭にて)JW VIII/19 This recital by the outstanding singer Tomáš Král will present songs by authors who were born within the space of ten years and are some of the most respected authors that opened the door to the musical breakthrough of the

2020年10月11日  
トマーシュ・クラールとマタン・ポラト リサイタル
2020-02-15T14:27:00+00:00

2020年10月11日  
グラゴール・ミサ/ 永遠の福音

2020年10月11日 19:00聖母マリア昇天バジリカ教会、スタレー・ブルノブルノ国民劇場・ヤナーチェク・オペラ、オーケストラと合唱団指揮―オンドレイ・オロス合唱団団長―パヴェル・コニャーレクソリスト:ペテル・ベルゲル、ヤナ・フロホヴァー、イジー・スルジェンコ、パヴラ・ヴィコパロヴァー チケットを買う Note: Visitors sit with their backs to the orchestra, choir and soloists. レオシュ・ヤナーチェク(1854-1924):永遠の福音 JW III/8、ヤロスラフ・ヴルフリツキー詩、ソロ、混声合唱、オーケストラのためのレジェンドグラゴール・ミサ JW III/9、ソロ、混声合唱、パイプオルガンとオーケストラのための作品Leoš Janáček (1854–1924): The Eternal Gospel, JW III/ 8, a legend for soloists, mixed choir and orchestra based on a poem by Jaroslav Vrchlický The Glagolitic Mass, JW III/9, for

2020年10月11日  
グラゴール・ミサ/ 永遠の福音
2020-02-15T14:26:15+00:00